ニュース

大谷、4打数無安打1四球2三振 4番でスタメン復帰も快音響かず、打率.188

無断転載禁止
2回の第1打席、空振り三振に倒れるエンゼルスの大谷
○ ドジャース 7 - 6 エンゼルス ●
<現地時間9月26日 ドジャー・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が26日(日本時間27日)、敵地でのドジャース戦に「4番・指名打者」で2試合ぶとなる先発出場。四球を1つ選ぶも4打数無安打2三振に倒れ、今季の打率は.188に悪化した。

 ドジャースの先発右腕・ゴンソリンに対し、先頭だった2回の第1打席は空振り三振。二死無走者だった3回の第2打席は左飛に倒れた。再び先頭だった6回の第3打席は見逃し三振。8回の第4打席は救援左腕・ウッドから四球を選んだが、フルカウント後のボール球を見送ったあとも打席にとどまり、カウントを勘違いしているような仕草が見られた。

 1番・フレッチャーの2点適時二塁打で1点差に迫った9回は、なおも二死一、三塁の好機で救援左腕のコラレクと対戦。一打出れば同点の場面だったが、投ゴロに打ち取られ最後の打者となった。

 この日の大谷は4打数無安打1四球2三振。打率は.188となった。エンゼルスは追い上げ及ばず2連敗。すでにポストシーズン進出の道は断たれており、今シーズンはあと1試合となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西