ニュース

阪神が一軍スタッフの新型コロナ陽性を公表 チーム活動は続行へ

無断転載禁止
阪神甲子園球場 (C) Kyodo News

神宮遠征に帯同、29日に体調不良


 阪神は29日、一軍チームスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと公表した。

 当該スタッフは29日朝に発熱と軽度の喉の違和感、関節痛の症状があり、西宮市内の病院を受診。核酸増幅法による検査を実施したところ陽性と判定された。

 27日に神宮球場で行われた一軍戦に帯同しており、翌28日の甲子園での投手練習にも参加していたが、管轄の保健所より濃厚接触者に該当する関係者はいないと判定。

 今後については、日本野球機構(NPB)および専門家チーム、対戦球団と相談し、予定通り一軍のチーム活動を続けるとしている。


 阪神では25日に浜地真澄投手(22)・岩貞祐太投手(29)・馬場皐輔投手(25)・糸原健斗選手(27)・陽川尚将選手(29)の5選手と、チームスタッフ2名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表。同日に一・二軍併せて大量19人を入れ替える異例の事態になっていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西