ニュース

セ・パの意地とプライドが激突!初開催「eオールスター」は最後まで目が離せない熱戦に…

無断転載禁止
バーチャルで実現した「夢の球宴」 (C) Konami Digital Entertainment

「eオールスター2020」ハイライト






「夢の球宴」がバーチャルで実現!


 一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共催する、“もうひとつのプロ野球”こと「eBASEBALLプロリーグ」。3年目のシーズン開幕も徐々に近づいて来ているなか、9月28日(月)には史上初の試みが行われた。

 「eBASEBALL プロリーグ eオールスター2020」(eオールスター2020)は、残念ながら今季は中止となってしまったプロ野球の“真夏の祭典”をバーチャルの世界で実現しよう!というもの。

 本番さながら、ファン投票などで選出された夢のオールスターチームを、この後に控える新シーズンでも活躍が期待されるeBASEBALLのプロプレイヤーたちが操り、一夜限りのスペシャルマッチが開催された。





 試合は菅野智之(巨人)、涌井秀章(楽天)の両先発で静かな立ち上がり。

 中盤からセ・リーグの打線が目を覚まして得点を重ねるも、パ・リーグは今季“レベチ”な活躍を見せる中田翔(日本ハム)の活躍などで徐々に反撃。試合は競った展開で終盤を迎える。





 セ・リーグがリードしたまま迎えた9回には、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児(阪神)がマウンドへ。ドラマチックな展開の中、打席にはパの大将・中田翔。

 力と力、意地とプライドのぶつかり合いの結末は…?


「eオールスター2020」フルマッチはこちらから















ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西