ニュース

ソフトバンク大敗、2位ロッテとゲーム差なし…武田2戦連続の炎上で2敗目

無断転載禁止
楽天戦に先発するも2回途中で降板するソフトバンク先発・武田
2020.09.30 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 9 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク
○ 楽天 9 - 3 ソフトバンク ●
<20回戦・楽天生命パーク>

 ソフトバンクは先発・武田が序盤に崩れ大敗。1厘差で首位の座は保ったが、3連勝の2位・ロッテにゲーム差なしに迫られた。

 武田は初回、1番・小深田、続く鈴木大に連打を浴びあっさり失点。その後、2四球2暴投に一塁・中村晃の野選なども絡み、初回だけで4点を失った。2回は先頭の9番・小郷に左越えソロを浴び5点目。続く小深田には右中間突破の三塁打、鈴木大にはこの試合3つ目となる四球を与えマウンドを降りた。

 無死一、三塁でリリーフした津森が2走者の生還を許し、武田は1回0/3を投げ、4安打3四球7失点の成績。3回6失点で今季初黒星を喫した23日のオリックス戦(PayPayドーム)に続く乱調劇で2敗目(2勝)を喫した。

 打線は楽天先発・涌井の前に8回まで2得点。計3併殺を記録するなど拙攻が目立った。投打とも振るわず敵地で大敗。9月は11勝13敗2分けで負け越した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西