ニュース 2020.10.01. 21:07

山崎隆造氏、首位・巨人打線は「ダメージを与える点の取り方」

無断転載禁止
巨人・坂本勇人(C)KYODO NEWS IMAGES
2020.10.01 18:00
広島東洋カープ 3 終了 5 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
● 広島 3 - 5 巨人 ○
<18回戦・マツダスタジアム>

 巨人が5-3で広島に勝利し、この3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

 初回、安打と四球で一、二塁の好機を作ると、丸佳浩の適時打で幸先よく先制する。3回に坂本勇人の適時二塁打、4回に吉川尚輝の2点適時打でリードを広げる。4回裏に先発・サンチェスが松山竜平に2ランを浴び、2点差に迫られたが、6回に先頭の丸佳浩がセンターオーバーの二塁打、中島宏之の二ゴロで一死三塁とし、ウィーラーの適時打で追加点を挙げた。7回に守備のミスで1点を失ったが、8回・中川皓太、9回・デラロサの継投で逃げ切った。

 1日にニッポン放送で放送された広島-巨人戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた山崎隆造氏は、勝利した巨人について「プラン通りに点を取っていた強さが光りますよね」と振り返り、得点の仕方については「タイミングよく加点していった。相手のミスに乗じてうまく点を取っているわけですから、ダメージを与える点の取り方ですよね」と話していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM