ニュース 2020.10.04. 16:57

楽天、救援陣崩れ連勝ストップ…6回1失点のドラ6瀧中、初勝利はまたもお預け

無断転載禁止
楽天・瀧中瞭太
2020.10.04 13:00
オリックス・バファローズ 9 終了 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
京セラD大阪
○ オリックス 9 - 2 楽天 ●
<18回戦・京セラD大阪>

 楽天の連勝は2でストップ。ドラフト6位の先発・瀧中が6回1失点と好投したが、救援陣が7回以降に8点を失い逆転負けを喫した。


 楽天は1点を追う3回、2番・田中和の中前適時打で同点。3回は9番・小郷が投手強襲の適時内野安打を放ち逆転した。プロ入り3度目の先発となった瀧中は2回、併殺間に先制を許すも、その後は安定した投球でゲームメイク。6回3安打1失点と好投し、3回途中から11打者連続アウトを記録したままマウンドを降りた。

 楽天ベンチは1点リードの7回裏、4番・吉田正、5番・モヤと続く打順で池田駿をマウンドに送るも、左腕は二塁打と内野ゴロで一死三塁のピンチを招き降板。3番手の寺岡が6番・杉本に同点適時打を浴び、瀧中の勝利投手の権利は消滅した。

 寺岡はその後、2四死球で満塁とピンチを広げ、9番・伏見に逆転となる3点適時二塁打を浴びプロ初黒星。8回にはドラフト3位の津留﨑が4点を失い、7回以降の2イニングで計8失点となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西