ニュース

西武、山川の同点3ラン&連夜の救援陣力投も…サヨナラ機逸し鷹戦3連勝は逃す

無断転載禁止
西武・辻発彦監督
2020.10.08 18:00
埼玉西武ライオンズ 4 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
西武 4 - 4 ソフトバンク
<17回戦・メットライフ>

 延長10回で決着つかず引き分け。西武は9回、10回ともにサヨナラの好機を作ったが、試合を決め切れず首位・ソフトバンクとの3連戦を2勝1分けで終えた。

 西武は先発・今井が3回4失点でノックアウト。前夜の浜屋に続き、またしても先発投手が序盤でマウンドを降りたが、この日もリリーフ陣が踏ん張り試合を立て直した。

 打線は6回まで4併殺と拙攻の連続。それでも1-4と3点を追う7回、7番・山川が24号3ランを左翼席へ運び試合を振り出しに戻した。9回は一死満塁の絶好機だったが、9番・木村が空振り三振。続く金子は右飛に倒れた。10回も無死一、二塁の好機だったが、4番・メヒアが空振り三振に倒れたあと、代打・中村は一邪飛、最後は途中出場の呉念庭が三邪飛。サヨナラの一打は生まれなかった。

 投手陣は4回以降、小川、國場、宮川、森脇、増田、ギャレットの6投手が7イニングを1安打無失点継投。同じく無失点リレーを見せた前夜に続き、この日も首位相手にリリーフ陣の好投が光った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西