ニュース

【DeNA】野村弘樹氏、6点ビハインドで申告敬遠に「勝負していかないと」

無断転載禁止
DeNA・ラミレス監督
2020.10.08 18:00
読売ジャイアンツ 9 終了 7 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
○ 巨人 9 - 7 DeNA ●
<18回戦・東京ドーム>

 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、6点ビハインドで丸佳浩に敬遠した場面について言及した。

 DeNAは1-7の4回二死三塁で、前の打席本塁打を放った丸佳浩を迎えたところで申告敬遠。野村氏は「ここでの敬遠はどうなんでしょうね。今日の丸と三上を比べたんでしょうけど、まだ対戦していないですからね。勝負していった方がいいような気がしますね」とチクリ。

 続く中島宏之の2球目に丸に二塁盗塁を決められる。「こうなることがある程度想像できていたんですよ。6点ビハインドだったんでしょう。左の丸、右の中島の相性なのか調べていないので分からないですけど、点差とイニングを考えると、勝負していかないといけなかったと思いますね」と自身の見解を述べた。

 結局、中島に2点適時打を浴びた。失点後、野村氏は「丸と勝負して打たれたか、打たれていないかわからないです。ただ中島と勝負して丸も還ってきているわけですよ」と話し、「今日の三上を見ているとコントロールがバラバラ。できるだけランナーを出さないで勝負していかないと。1点をやらないために2点入っているわけですからね。非常に悪循環になっている印象ですね」と厳しい言葉を並べた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM