ニュース

西武が3連勝で借金1に…3位・楽天に「0.5差」と肉薄

無断転載禁止
2020.10.09 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 2 終了 5 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク

リリーフ陣も連日のパーフェクトリレー


 4位の西武が3位・楽天との直接対決を逆転勝ちで制し、1分けを挟んで3連勝。借金を「1」とし、楽天とのゲーム差を「0.5」に縮めた。

 西武は先発のニールが初回に1点を失ったが、直後の2回に山川穂高が選んだ四球から中村剛也と外崎修汰の連打で満塁とし、木村文紀の犠飛と金子侑司の適時打で逆転。さらに金子侑が一二塁間に挟まれている間に三塁走者の外崎修汰が好走塁を見せて生還した。

 ニールは3回に二死からの連打で1点を奪われるが、4回、5回、6回と打たせてとる持ち前のピッチングでゴロの山を築いた。すると7回からは、ソフトバンク戦でも好救援を見せていたリリーフ陣を投入。7回を宮川哲が3人で終えると、8回表にスパンジェンバーグの犠飛と山川穂高の適時打で加点し、リードを3点に広げた。

 その後も8回を森脇亮介が、9回を増田達至が抑えて逆転勝ち。6回2失点と試合を作ったニールが約1カ月ぶりに白星を挙げ、今季4勝目を手にした。

 西武は、8日のソフトバンク戦で先発の今井達也が3回で降板したものの、後を受けた6投手が無失点リレー。その前日の7日(ソフトバンク戦)も、先発の浜屋将太が4回途中で降板となるなか、あとを受けた4投手が得点を許さず逆転勝ちを収めるなど、連日のパーフェクトリレーで3連勝を飾った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西