ニュース

ソフトB、ロッテ戦今季初の勝ち越し 和田7勝目&森100S到達、周東3安打!

無断転載禁止
ソフトバンク・周東佑京
2020.10.11 13:00
福岡ソフトバンクホークス 3 終了 0 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 3 - 0 ロッテ ●
<18回戦・PayPayドーム>

 首位・ソフトバンクが2位・ロッテとの直接対決に2連勝。今季初のロッテ戦勝ち越しを決め、ゲーム差を2に広げた。

 ソフトバンクは今季4戦4敗と苦手にしているロッテ先発・美馬に対し、0-0で迎えた3回、一死から1番・周東の中前打を口火に二死二塁の好機を作り、3番・中村晃が左翼線へ適時二塁打を運び先制。4回は6番・松田宣の左越え9号ソロで2点目を奪ったあと、二死三塁から周東の遊撃への適時内野安打で3点目を加えた。

 周東は初回にも遊撃への内野安打を放っており、第1打席から3打席連続安打。3安打1打点2盗塁とリードオフマンの役割を果たし、二塁の守備でも2回、中堅へ抜けようかという打球をダイビングで捕球。素早い一塁送球でアウトに仕留めた。

 投げては先発の和田が、4四球を与えながらも5回1安打無失点で7勝目(1敗)。6回以降は小刻みな継投で完封リレーを成し遂げ、3点リードの9回を締めた森は通算100セーブ(今季26セーブ目)を達成した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西