ニュース 2020.10.11. 17:41

明大・入江、リーグ戦初完封!「素直に嬉しい」

東京六大学野球(神宮球場)
○ 明大 4 - 0 法大 ●

 「素直に嬉しいです」。

 明大の入江大生が11日、法大打線を9回、7安打、13奪三振、1四球、無失点に抑え込み、リーグ戦初完封勝利を挙げた。

 「早稲田戦、立教戦と気持ちが入りすぎてしまって、力が入ってボールが上ずるのが多かった。今日の試合は入りこみすぎないように、落ち着いて1球1球投げました」。

 立ち上がりから落ち着いた投球で、スコアボードに“0”を入れた。特にストレートは「決めにいくストレートの時ほど、力を抜いて投げるイメージで投げました」と抜群の威力を誇った。

 前日のヤクルト戦で8勝目をマークした広島・森下暢仁は、入江にとって1学年先輩の投手。入江は森下について「自分が一緒に夏の合宿を過ごした時は、細かく教えてくれた先輩ですね」と学ぶべきことも多かったという。

 「(リーグ戦は)中盤にはなってしまったんですけど、残り5試合チームを勝たせられるような投球ができれば、明治の11番にふさわしいかなと思います」と決意を述べた。

(取材・ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM