ニュース

井端氏、投手に適時打を浴びた広島・遠藤は「油断があったと思いますね」

無断転載禁止
広島・遠藤淳志
2020.10.14 18:00
読売ジャイアンツ 6 終了 1 広島東洋カープ
東京ドーム
○ 巨人 6 - 1 広島 ●
<20回戦・東京ドーム>

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の投手・高橋優貴に適時打を浴びた広島の先発・遠藤淳志について言及した。

 遠藤は1-1の2回、先頭の若林晃弘に四球を与えるが、田中俊太を中飛、大城卓三を空振り三振で二死に漕ぎ着ける。ここで投手・高橋を迎えたが、1ストライクから投じた2球目の変化球を右中間を深々と破られる適時三塁打を浴び、失点してしまった。

 井端氏は「油断があったと思いますね」と指摘。「キャッチャーがアウトコースに構えたのが、真ん中に入ってしまった。あくまでランナーがいるという中では、全力じゃないといけないと思いますね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM