ニュース 2020.10.13. 22:36

土俵際で粘ったロッテ、井上がサヨナラ打で涙「期待に応えられなくて、どうしても応えたくて」

無断転載禁止
ロッテ・井上=ZOZOマリン
2020.10.13 18:00
千葉ロッテマリーンズ 4 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン

終盤の粘りでソフトバンクにくらいつく!


 ロッテが井上晴哉のサヨナラ打で劇的な勝利を収め、連敗を2でストップ。同日の試合で勝利していた首位ソフトバンクとのゲーム差「2」を維持し、3位楽天との差を「6」に広げた。

 序盤は楽天ペースで試合が進み、先発の石川歩が2回までに3失点。打線も則本昂大の前に、5回までは中村奨吾以外が完全に抑え込まれた。それでも6回表に楽天がミスから好機をフイにすると、その裏に西巻賢二と藤原恭大の連打で好機を作り、髙部瑛斗の犠打で一死二三塁に。マーティンの一ゴロ間に1点を返した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 続く7回には、則本昂から2安打を放っていた中村が左翼席にホームランを放って1点差。8回には代打・加藤翔平が2番手・牧田和久から二塁打で出塁し、バッテリーミスもあって試合を振り出しに戻すと、迎えた9回裏にヒットで出塁した福田秀平を一塁に置いて打席に入った井上晴哉が右中間を破り、福田秀が快足を飛ばしてサヨナラのホームを踏んだ。

 二塁付近で福田秀の生還を見守った殊勲のヒーローは涙を流し、仲間たちからの祝福を受けると、お立ち台でも声を震わせながら「期待に応えられなくて、どうしても応えたくて……どうしても打ちたかったのでなんとかしました」と涙は止まらない。

 サヨナラ打について「感触とかあんまり覚えてないです」と振り返った井上は、「秀平さんが走ってくれたので、それでいっぱいです、もう」と声を絞り出し、最後には「最終的にこういった形で勝てるようにこれからも頑張っていきます」と高らかに宣言した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西