ニュース

川相氏が気になった広島・松山の初回の守備位置

無断転載禁止
広島・松山竜平
2020.10.13 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 4 広島東洋カープ
東京ドーム
● 巨人 3 - 4 広島 ○
<19回戦・東京ドーム>

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、広島の一塁・松山竜平の守備位置について言及した。

 川相氏が言及したのは、0-0の初回二死一塁、巨人・岡本和真に3ボール2ストライクとなったときの守備位置について。

 川相氏は「2アウト一塁で岡本のカウントが3ボール2ストライクになったんですね。その時に、松山がファーストベースにずっと付いていたんですよ。ちょっと僕は気になりましたね」とコメント。

 「それが9回の大事な場面でカープが勝っているとかで、長打を打たれてはいけないという場面で、ファーストベースについているのはいいかなと思います。初回でカウント3ボール2ストライクで、ベース離れてもいいんじゃないかなと思うんですよ。そこまで警戒する場面ではないですしね」と説明していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM