ニュース

井端氏、広島の試合中盤の失点に「今年を象徴している」

無断転載禁止
広島・佐々岡監督
○ 巨人 6 - 1 広島 ●
<20回戦・東京ドーム>

 広島は5回まで1-2だったが、終わってみれば1-6で敗れた。

 1-2の6回に先発・遠藤淳志が大城卓三に2点適時打を浴びると、7回に3番手で登板した菊池保則が丸佳浩に2点適時打を打たれ、リードを広げられてしまった。5点ビハインドとなった8回に走者を出しながらも無得点。9回も2番・田中広輔から始まる打順も3人で打ち取られ試合終了した。

 14日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は、試合中盤の失点に「まだわからなかったと思うんですよ。2点というのは、非常にもったいなかったなと思います。これが広島の今年を象徴しているのかなと思いますね。くっついていけないというか、取られたら次の回に取られて、終わったらワンサイドということもありますしね」と振り返った。

 さらに井端氏は「強い時というのは、6-1とかでも中盤くらいになったらビクビクしていましたからね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM