ニュース

巨人の守護神・デラロサ、イニング途中で降板 真中氏「先頭に四球を…」

無断転載禁止
巨人のデラロサ(C)Kyodo News
2020.10.20 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 1 読売ジャイアンツ
神宮
ヤクルト 1 - 1 巨人
<17回戦・神宮>

 巨人の守護神・デラロサが、悔しいイニング途中での降板となった。

 1-0の9回から登板したデラロサは、先頭の中村悠平にいきなり四球を与えると、続く荒木貴裕に送られ、得点圏に走者を背負う。西浦直亨にライト前に運ばれ一、三塁。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた真中満氏は「制球がまず心配ですよね。いきなり先頭に四球を出したということは、少し嫌な形ではありますよね」と心配する。

 広岡大志を空振り三振とし二死としたが、青木宣親を迎えたところで原辰徳監督は大江竜聖に交代を告げた。

 真中氏は「本人はもちろん態度には出して欲しくないですけど、何くそと思わないといけない場面。それぐらいの気持ちを持ってマウンドにあがっていますね」と話した。

 結局、二死満塁からこの回3人目の登板なった田中豊樹が、山田哲人に押し出し四球を与えてしまった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM