ニュース

ソフトバンク、工藤体制最長タイの9連勝 笠谷6回無失点で4勝目、柳田4の4

無断転載禁止
ソフトバンク・笠谷俊介
2020.10.20 18:00
北海道日本ハムファイターズ 2 終了 11 福岡ソフトバンクホークス
札幌ドーム
● 日本ハム 2 - 11 ソフトバンク ○
<22回戦・札幌ドーム>

 首位のソフトバンクが敵地で大勝。工藤監督就任後最長タイとなる9連勝で、今季最多を更新する貯金22となった。

 ソフトバンクは3回、日本ハム先発・上沢に対し二死から四球と安打で二死一、三塁の好機を作ると、4番・グラシアルが右翼フェンス直撃の2点適時打を放ち先制。4回は2番・中村晃の右前適時打、5番・栗原の中犠飛で2点を加えたあと、6番・松田宣が11号3ランを左中間席へ運び7-0とリードを広げた。

 7回以降も途中出場・真砂の中前適時打などでダメ押しの4点を追加。柳田は4打数4安打でお役御免となり、打率は.345にアップした。

 投げては先発の笠谷が快投。5者連続を含む8三振を奪うなど、自己最長の6回を2安打無失点に抑え4勝目(3敗)をマークした。

 日本ハムは9回、4番・中田の2ランで完封負けを回避するのがやっと。上沢は5回8安打7失点と打ち込まれ6敗目(8勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西