ニュース

巨人・戸郷、6回134球の熱投!真中氏「立派でした」

無断転載禁止
巨人の戸郷翔征 (C) Kyodo News
2020.10.20 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 1 読売ジャイアンツ
神宮
ヤクルト 1 - 1 巨人
<17回戦・神宮>

 巨人の戸郷翔征が、6回、134球、3安打、9奪三振、6四球、無失点に抑えた。

 戸郷は初回二死満塁のピンチを招くも、エスコバーを中飛に打ち取ると、2回以降も走者を出しながらも粘りのピッチング。6回に坂本勇人の適時打で先制すると、5回終えた時点で109球を投げていた戸郷は6回もマウンドへ。一死走者なしから坂口に二塁打、エスコバーに遊安、二死後、宮本丈に四球で満塁のピンチを招く。戸郷の球数も129球となったが続投。ここで代打・西浦直亨を143キロのストレートで空振り三振に仕留め、ピンチを脱した。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた真中満氏は、6回のピンチをしのいだ戸郷に「134球を投げませたけど原監督が任せたというような、ここを乗り越えろという続投に見えましたね。そこで結果を残した戸郷は立派でした」と称賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM