ニュース

巨人・坂本の適時打に真中氏が「さすが」と話したワケ

無断転載禁止
巨人・坂本勇人(C)KYODO NEWS IMAGES
2020.10.20 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 1 読売ジャイアンツ
神宮
ヤクルト 1 - 1 巨人
<17回戦・神宮>

 巨人の坂本勇人が、0-0の6回に先制打を放った。

 0-0の6回無死三塁の第3打席、ヤクルト・高梨裕稔が3ボール2ストライクから投じた7球目のストレートをセンター前に弾き返す適時打を放った。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた真中満氏は「さすが坂本ですね。今の1球目のインコースの球を見て、外しかないというバッティングでしたね。踏み込んで外のストレートをセンター前ですからね。今日はタイミング的にあっていないような感じでしたけど、そんな中でこの打撃がでるのはさすが坂本ですね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM