ニュース

ロッテ・レアードが椎間板ヘルニアの手術 今季6本塁打、8月に登録抹消

無断転載禁止
ホームランを放ち、ベンチ前で迎えられるロッテのレアード=ZOZOマリン
 ロッテは21日、アメリカに帰国しているブランドン・レアード選手(33)が現地時間19日に「椎間板ヘルニア」の手術を受けたと発表した。

 レアードは2015年から4シーズンに渡って日本ハムでプレーし、2019年にロッテに加入。昨季はチームトップの32本塁打を放ち、今季も打線の主軸として期待されていたが、8月5日に一軍登録を抹消されて以降は、一二軍通じて公式戦の出場なし。今季は39試合に出場し、打率.233、6本塁打、15打点の成績だった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西