ニュース

【巨人】江本氏、5回のスクイズ失敗に「やることは悪いことではない」

無断転載禁止
5回巨人無死二、三塁、大城がスクイズバントを空振り。三走丸が挟殺となる。捕手中村=神宮(C) Kyodo News
2020.10.21 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 1 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 2 - 1 巨人 ●
<18回戦・神宮>

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人・大城卓三のスクイズ失敗の場面について言及した。

 1-0の5回一死二、三塁で大城が2ボール1ストライクからスクイズを試みるも空振り。スタートを切っていた三塁走者の丸佳浩が三本間で挟まれタッチアウトとなった。

 江本氏はスクイズを「やることは悪いことではない」としながらも、「ただ、細かいことをやるのが備わっていないですよね。大城の場合は右投げ左打ちでしょう。このバントが一番苦手な人なんですよ。バントはお箸で持つ手でやるのが一番」と自身の見解を述べていた。

 結局、大城は空振り三振に倒れ、二死一、二塁から高橋優貴が一ゴロに倒れ無得点だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM