ニュース

巨人・デラロサの不安定な投球に佐々木氏「抑えをやっていて…」

無断転載禁止
巨人のデラロサ(C)Kyodo News
2020.10.23 18:00
読売ジャイアンツ 5 終了 4 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 5 - 4 阪神 ●
<21回戦・東京ドーム>

 巨人の守護神・デラロサが、イニング途中で降板となった。

 5-3の9回からマウンドに上がったデラロサは、先頭のマルテを右飛に打ち取ったが、続く大山悠輔に四球、陽川尚将に左安で一、二塁とピンチを招くと、中谷将大に適時打を浴びた。ここで原辰徳監督はデラロサを諦め、田口麗斗をマウンドに送った。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「デラロサが本当に不安定ですね。この間の代えられ方もそうですし、信用がないですよね」とチクリ。

 「結局、四球なんですよ。それが点に繋がるので、抑えをやっていて四球を出す投手はなかなか信用できないですよね」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM