ニュース

DeNA・佐野が負傷交代 首位打者争いトップ、残り11試合でアクシデント

無断転載禁止
DeNA・佐野恵太
2020.10.25 14:00
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 0 広島東洋カープ
横浜

5試合ぶり先発復帰もヘッスラで負傷か


 DeNAの佐野恵太選手(26)が25日、横浜スタジアムで開催された広島戦に「4番・左翼」で先発出場。背中の張りから5試合ぶりにスタメン復帰し、2打数1安打2四球をマークするも、9回に負傷交代した。


 2点リードの8回裏、佐野は二死一塁からこの日2個目の四球を選んで出塁すると、続く大和が右翼フェンス直撃の適時打。二走のオースティンに続いて佐野も本塁を狙ったが、三本間で引き返し三塁タッチアウト。ヘッドスライディングで帰塁した際に左肩を負傷したとみられる。

 佐野は左腕を抱える仕草を見せながら自力で立ち上がるも、歩み寄ってきたラミレス監督と一言二言交わしベンチへ。9回表の守りにはつかなかった。

 プロ4年目の今季はチームキャプテンを任され、ここまで106試合に出場し、打率.328(402-132)、20本塁打、69打点の好成績。筒香嘉智(現レイズ)が去った新生ベイスターズの柱として奮闘してきた。

 打率は同僚の梶谷隆幸(.322)を抑えてリーグトップの好成績で、自身初タイトルも視野に捉える中でのアクシデント。指揮官は試合直後のインタビューで「いまトレーナーがチェックしてる。何事も無ければいいが…」と話すにとどまった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西