ニュース

楽天が早大・早川の交渉権獲得 石井GMが”同じ本格派左腕”を引き当てる

無断転載禁止
早稲田大の早川隆久(C) Kyodo News

近大・佐藤とともに4球団が競合


 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、楽天が早稲田大・早川隆久投手の交渉権を獲得した。

 早川を巡っては、ヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合。抽選の結果、現役時代に同じく“左の本格派”として活躍した楽天の石井GMが交渉権を引き当てた。

 早川は千葉・木更津総合高3年時に、エースとして甲子園で春夏8強進出。早稲田大では1年春から神宮のマウンドに上がり、2020年10月25日時点で東京六大学通算51試合に登板し12勝12敗、防御率2.59の好成績を残している。今年の8月には最速155キロをマーク。カットボールやツーシームなど変化球の精度も高い。

▼ 早川隆久(はやかわ・たかひさ)
<投手/木更津総合高(千葉)-早稲田大>
身長/体重:179㎝/72Kg
投打:左投げ左打ち
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西