ニュース

WシリーズMVPは“最強遊撃手”ド軍シーガー リーグ優勝決定Sに続く栄誉!

無断転載禁止
WシリーズMVPに輝きトロフィーを高々と掲げるコリー・シーガー
【ワールドシリーズ第6戦】
○ ドジャース 3 - 1 レイズ ●
<現地10月27日 グローブ・ライフ・フィールド>

 ドジャースは27日(日本時間28日)、レイズとのワールドシリーズ第6戦に勝利し、通算4勝2敗で32年ぶり7度目となるワールドシリーズ制覇を成し遂げた。MVPに選ばれたのはコリー・シーガー遊撃手(26)。計5本塁打を放ったブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズに続くMVP受賞となった。

 ドジャースは王手をかけ迎えた第6戦。5回までレイズ先発・スネルにわずか1安打に封じられた。それでも1点を追う6回、1番・ベッツの二塁打などで一死二、三塁の好機を作り、レイズ2番手・アンダーソンの暴投で1-1の同点。さらに一死三塁と好機は続き、2番・シーガーの一ゴロの間に、三塁走者のベッツが逆転のホームへ滑り込んだ(記録はレイズ一塁・崔志万の野選)。

 8回はベッツが同シリーズ第2号ソロを左中間へ運び貴重な3点目。投手陣は7人の継投でレイズ打線を1点に抑え、最後はブレーブスとのリーグ優勝決定シリーズ第7戦でも最後を締めたウリアスが、2イニングを完璧に抑えた。

 シーガーはワールドシリーズの計6試合で、打率.400、2本塁打、5打点を記録。リーグ優勝決定シリーズも計7試合で、打率.310。5本塁打、11打点をマークし、本塁打数と打点数はナ・リーグの優勝決定シリーズ新記録となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西