ニュース

西武、逆転勝利でロッテとのゲーム差縮める 栗山&中村の両ベテランが活躍

無断転載禁止
西武・栗山巧(C)Kyodo News
2020.11.01 13:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
○ 西武 3 - 1 ソフトバンク ●
<23回戦・メットライフ>

 西武は連敗を3で止め、勝率5割に復帰。ロッテ-楽天戦(ZOZOマリン)が3対3の引き分けで終わったため、2位・ロッテとのゲーム差を1.5に縮め、4位・楽天との差は1に広げた。

 西武は1点を先制された直後の1回裏、4番・栗山の中前適時打ですかさず同点。3回は右前適時打と思われた6番・中村の打球が一塁塁審に当たる不運に見舞われたが(結果は一ゴロ)、この間に勝ち越しとなる三塁走者が生還した。

 5回には再び中村が、正真正銘の適時二塁打を左翼線へ運び貴重な3点目。栗山は2安打1打点、中村は1安打2打点と両ベテランの活躍が光った。

 先発の松本は初回に先制されたものの、2回以降は安定した内容で5回3安打1失点の好投。6回以降は宮川、森脇、平良、増田が1イニングずつを無失点に抑え、松本は6勝目(6敗)、増田は32セーブ目(5勝0敗)を記録した。

 ソフトバンクは初回、3番・柳田の二ゴロの間に先制するも2回以降はゼロ行進。制球に苦しみ5回3失点だった先発・笠谷は4敗目(4勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西