ニュース

若松氏、初回3失点の巨人・今村に「左に打たれたのは…」

無断転載禁止
巨人・今村信貴(C) Kyodo News
2020.11.22 18:10
読売ジャイアンツ 2 終了 13 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
 巨人の先発・今村信貴が、初回にいきなり3点を失った。

 0-0の初回一死走者なしから川島慶三に四球を与えると、続く柳田悠岐にセンターオーバーの適時二塁打を打たれ失点。

 この失点に現在放送中の『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-ソフトバンク 日本シリーズ第2戦』で解説を務める若松勉氏は「真ん中高めの真っ直ぐでしたね。ホームランにならなかっただけ助かったのかな。最初丸が捕れそうな感じで追ったんだけど、どんどん伸びていきましたよね。左の柳田に打たれたのは、もったいなかったですね」と指摘。

 今村はさらに、デスパイネの三ゴロの間に三塁走者の生還を許すなど、3点を失う苦しい展開となった。結局、今村は2回に甲斐拓也にソロを浴び、2回途中で降板となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM