ニュース 2020.11.07. 19:02

楽天、55勝57敗8分けの4位で全日程終了 三木監督「申し訳ありません」

無断転載禁止
楽天・三木監督
2020.11.07 14:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 6 終了 6 埼玉西武ライオンズ
楽天生命パーク
楽天 6 - 6 西武
<24回戦・楽天生命パーク>

 楽天が初回に一挙6点を奪うも、クライマックスシリーズ(CS)進出へ負けられない西武が追いつき試合は引き分け。今季最終戦だった楽天は、55勝57敗8分けのパ・リーグ4位で全日程を終えた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は1点を先制された直後の1回裏、二死から連続四球で一、二塁の好機を作り、5番・銀次の中前適時打で同点。6番・渡邊佳も右前適時打で続き逆転すると、その後も打線がつながり、8番・下妻の右前2点適時打、9番・辰己の左越え適時二塁打などで一挙6点のビッグイニングとした。

 援護を受けた先発の瀧中だったが、制球に苦しみ6回途中4失点で降板。7回には3番手のD.J.ジョンソンが2失点を失い同点に追いつかれた。打線は2回以降ゼロ行進。今季最終戦は引き分けに終わった。

 試合後には最終戦セレモニーが行われ、三木監督が「今シーズンもたくさんの応援いただき、ありがとうございました」とファンにあいさつ。さらに今季を総括し、「優勝、CS進出に向けて選手は最後まで諦めず戦ってくれましたが、力及ばず4位という成績に終わってしまいました。本当に申し訳ありません」と陳謝した。

 今季の楽天は8月中旬までソフトバンク、ロッテと首位争いを繰り広げたが、9月以降に失速。10月以降は勝率5割を前後する戦いが続き、7-8で敗れた11月4日のオリックス戦(京セラD)でCS進出の可能性が消滅していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西