ニュース

セ・リーグは3月26日に開幕 東京五輪で7月19日から中断、全143試合開催へ

無断転載禁止
巨人の本拠地・東京ドーム

交流戦も開催へ


 日本野球機構(NPB)は9日、2021年シーズンのセントラル・リーグ公式戦の試合日程を発表した。開幕戦は3月26日(金)で、セパ交流戦を含めた143試合を開催。7月19日から8月12日は東京五輪開催に伴う中断期間となる。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 開幕カードは巨人-DeNA、ヤクルト-阪神、広島-中日の顔合わせで、2018年の上位3球団がホーム扱いとなる。1球団あたりの試合数は、リーグ内対戦が25回戦総当たりの125試合で、パ・リーグとの交流戦が各3試合の18試合。計143試合の“フルシーズン”で開催される予定だ。

 なお、2021年に延期された東京オリンピックは7月21日から8月8日までが大会期間となっており、野球競技は7月28日に開幕戦(福島)が行われ、8月7日に決勝戦(横浜)を開催予定。プロ野球は7月19日から8月12日の25日間を東京五輪開催に伴う中断期間とする。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西