ニュース 2020.11.14. 16:27

ソフトバンク、4年連続日本S進出に王手 逃げ切り失敗のロッテは崖っぷち

無断転載禁止
ソフトバンク・甲斐(C)Kyodo News
2020.11.14 13:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
クライマックスシリーズ第1戦
○ ソフトバンク 4 - 3 ロッテ ●
<11月14日・PayPayドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 リーグ王者のソフトバンクが、2位・ロッテとのクライマックスシリーズ(3勝先取・最大4試合)第1戦に逆転勝ち。優勝アドバンテージ含め2勝0敗とし、4年連続となる日本シリーズ進出に王手をかけた。

 ソフトバンクは2点を追う4回、先頭の3番・柳田がバックスクリーン左へ着弾する特大のソロ本塁打を放ち1点差。再び2点を追う6回は先頭の柳田、続くグラシアルの連打などで一死二、三塁とし、6番・デスパイネの遊撃への適時内野安打で再び1点差に迫った。

 一死一、三塁と好機は続き、7番・牧原は二ゴロ。捕球した二塁・中村奨は二塁走者・デスパイネにタッチしたあと一塁へ送球したが、一塁・井上が送球をポロリ。この間に三塁走者のグラシアルが生還し3-3の同点に追いついた。8回は2つの四球と安打などで二死満塁とし、9番・甲斐がボテボテのゴロで一塁へヘッドスライディング。これが遊撃への適時内野安打となり逆転した。

 先発の千賀は2回に2ラン被弾、5回にも適時打を浴び1点を失ったが、7回8安打3失点と力投。8回以降はモイネロ、森の必勝リレーで締め、モイネロが白星、森はセーブをマークした。

 ロッテは7番・安田の右越え2ラン、1番・荻野の左前適時打で5回までに3点を奪うも、5回まで1失点と粘っていた先発・美馬が6回、一死二、三塁のピンチを招き降板。リリーフ陣に火消しを託したが、2番手・東條が適時内野安打を許し1点差に迫られたあと、一塁・井上の失策で同点に追いつかれた。

 8回は5番手の澤村が2四球などで満塁のピンチを作り、甲斐に決勝点となる適時内野安打を許し逆転負け。敗戦投手は澤村で、ロッテはアドバンテージ含め0勝2敗となり早くも崖っぷちに立たされた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西