ニュース 2020.11.14. 17:09

藤原満氏、敗れたロッテに「もったいないのは6回」

無断転載禁止
ロッテ・井口資仁監督
2020.11.14 13:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
クライマックスシリーズ第1戦
○ ソフトバンク 4 - 3 ロッテ ●
<11月14日・PayPayドーム>

 2位・ロッテが、リーグ王者のソフトバンクとのクライマックスシリーズ第1戦に3-4で敗戦し、10年ぶりの日本シリーズ進出にもう1敗も許されない状況となった。

 先発・美馬学が初回、一死満塁のピンチを招いたが、栗原陵矢を遊併で無失点に切り抜けると、2回に安田尚憲の2ランでロッテは幸先よく先制する。4回に柳田悠岐のソロで1点を返されたが、5回に荻野貴司の適時打で追加点をあげる。先発美馬も5回まで73球、1失点に抑える省エネピッチング。

 しかし6回、先頭の柳田悠岐、続くグラシアルの連打で一、二塁とされると、栗原にピッチャー前に送られ二、三塁とされる。ここでロッテベンチは美馬から東條大樹にスイッチ。東條はデスパイネをショートへのゴロに打ち取ったと思われたが、これが内野安打となり、1点を返される。左の牧原大成というところで、セットアッパー・唐川侑己を投入。唐川は牧原をセカンドへゴロを打たせ、二塁・中村奨吾は一塁走者のデスパイネにタッチしアウトにすると、一塁へ送球しチェンジかと思われたが、一塁・井上晴哉がまさかの捕球ミス。その間に三塁走者のグラシアルの生還を許し同点に追いつかれた。

 3-3のまま試合は8回に進み、5番手・澤村拓一が先頭のグラシアルに四球を与えてしまう。栗原を投犠、デスパイネを中飛で二死としたが、牧原を四球、松田宣浩に左安で満塁としてしまうと、甲斐拓也にショートへの適時内野安打で勝ち越しを許す。これが決勝点となり、ロッテは敗戦した。

 14日にニッポン放送で放送されたクライマックスシリーズ ソフトバンク-ロッテ 第1戦(KBCラジオの制作)で解説を務めた藤原満氏は、「初めての井口監督の経験で、もったいないのは6回の唐川。難しいイニングなんですよ(デスパイネ の場面で)唐川だなと思ったときに東條がきたので、あらっと思ったんですけどね。後ろのピッチャーがしっかりしているので、あの辺が分岐点になったと思いますね」と振り返った。

 「それまでは、美馬が熱投でしたので、代え時が難しいといえば難しいところなんですけどね。チャレンジャーですからね。ここなんですよね。やっぱり。早めにいく、早めにいき、マリーンズのペースにしたいわけですからね。後ろのピッチャーがいいわけですから、6回までに勝ち越して後ろのピッチャーを使いたいという考えもありますからね。6回の誤算といいますかね。この辺りでしょうね」と6回の投手継投に疑問に感じたようだ。

(提供=KBCダイナミックホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM