ニュース 2020.11.15. 08:00

CSで一発を放ったロッテ・安田に藤原満氏「将来的には…」

無断転載禁止
ロッテ・安田[写真は春季キャンプ中]
2020.11.14 13:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
クライマックスシリーズ第1戦
○ ソフトバンク 4 - 3 ロッテ ●
<11月14日・PayPayドーム>

 ロッテの高卒3年目・安田尚憲が、クライマックスシリーズ初本塁打となる2ランを放った。

 初回完璧な投球を見せたソフトバンク千賀滉大に対し、2回も簡単に2アウトとなったが、中村奨吾がセンター前に運び、打席には安田。1ストライクからやや真ん中に入ったフォークを捉えると、打球はライトスタンドに入る先制の2ランとなった。

 14日にニッポン放送で放送されたクライマックスシリーズ ソフトバンク-ロッテ 第1戦(KBCラジオの制作)で解説を務めた藤原満氏は、安田の本塁打に「1、2、3というバッティングでしたけど、嬉しいでしょう。この終盤にきて4番を外されて9番を打ったり、いろいろな面でいい経験をしていますよね。なかなかこういう大きなゲームで、打てることはないですよね。」と話していた。

 また、藤原氏は安田について「将来的には、左方向に大きく打てるでしょうね。もう少し打率があがってくると、いいバッターになってきますよね」と期待を寄せた。

(提供=KBCダイナミックホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM