ニュース

ももクロと西武が12月にイベント開催 本拠地エリアのグランドオープンへカウントダウン

無断転載禁止
ももいろクローバーZ

辻監督も興味津々!?「見に行こうかな(笑)」


 西武は16日、2021年3月にグランドオープンを迎えるメットライフトームエリアのカウントダウンイベント「ももクロ・ライオンZ EXPO 2020 supported by au じぶん銀行」を12月16日(水)から1月3日(日)まで開催すると発表した。

 今回のイベントは、2012年から2019年まで毎年メットライフドームでコンサートやイベントを行っているアイドルグループ「ももいろクローバーZ」とともに開催するもので、メットライフドームに隣接する獅子ビルを会場に、ももクロがメットライフドームでのコンサートやイベントで実際に着用した衣装の展示やカフェ営業、オリジナルグッズの販売など多数の企画を予定している。

 同イベントのチケットは1枚1800円(当日券:2000円)で、11月17日(火)よりももクロのファンクラブ先行で先着販売され、27日(金)より西武ファンクラブ会員、同30日(月)より一般前売り販売される。

 カフェではももクロメンバーがプロデュースしたメニューが期間限定で展開され、限定チェキ会も実施予定。本イベントでしか購入できない西武とのコラボ商品や、過去のコンサートで販売された復刻グッズも登場するとのこと。

 メンバーの百田夏菜子さんは「今までメットライフドームでは私たちも沢山ライブをさせていただいて、いろんな思い出が本当に詰まった場所です。そんな私たちの歴史を感じていただけるようなコーナーや、新たにみんなでプロデュースさせてもらったカフェなど、ファンの方もそうでない方も楽しんでいただけるイベントになっています。ぜひお越しください!」とコメント。

 西武の辻監督も生まれ変わった本拠地エリアのお披露目を前に「ここで、リーグ優勝、そして日本一を目指して選手たちとともに戦います。グランドオープンまでのカウントダウンイベントに、ぜひファンの皆さまもお越しください。私もチケットを買って見に行こうかな(笑)」と話した。

 イベントの詳細等については特設サイトにて。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西