ニュース

番長体制始動のDeNA 三浦新監督自ら打撃投手「問題なく投げられました」

無断転載禁止
打撃投手を務めたDeNA・三浦大輔監督[提供=横浜DeNAベイスターズ]
 就任記者会見から一夜明け、横浜DeNAの三浦大輔新監督が18日、神奈川県横須賀市内のファーム施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」の秋季練習を視察。梶谷隆幸、宮崎敏郎、戸柱恭孝ら選手たちと挨拶を交わし、打撃練習では山下幸輝、山本祐大を相手に打撃投手を務めた。

 練習後、オンラインで報道陣の取材に応じた三浦監督は、就任会見に臨んだ前日を振り返り、「いろんな方からLINEやメールでメッセージが届いて、きのうは帰ってからほぼその返信をしていました。自分が思っている以上に反響が大きかったのでびっくりしています」と話しつつ、「グラウンドに来ればそれほど変わらず。久しぶりに会うという選手もほとんどいなかったんで。いつも通りグラウンドに来たかなという感じです」とけさの練習の雰囲気について触れた。

 「人数は少なかったので、あらためて、という感じで『よろしくな』という挨拶をしただけです」ということだったが、選手たちの反応についてを訊かれると、「よろしくお願いします、という選手もいれば、『三浦監督!』とあえてそこを強調してくる選手もいました。(強調してきたのは)宮崎ですね、あと上茶谷とか」と明かし、フランクに接する選手たちについて問われると「ぜんぜん。はい。自分が監督になったからといって変わる必要もないですし。しっかりと話しやすい環境を作っていきたい」と三浦流の指揮官像について語った。

 さっそく打撃投手を務めたことについては、「(横須賀)残留組の鶴岡コーチとかもけっこう投げていたので、代わるよ、という話で。手伝いぐらいはするので。特に変わらず、(フェニックスリーグ開催中の)宮崎でもほぼ毎日投げていたので、問題なく投げられました」と話した。

 今後も打撃投手を務める可能性については「手伝うことがあれば、投げますけど、1軍は打撃投手もいるので。機会があれば」ということだが、「ことし1年ファームの方でも打撃投手として投げていて、やはり一軍経験のある打者とファームの打者との特徴を見ることができて良かったですし。僕が投げて感じた感じたことは、打者に聞かれれば答える程度ですけど」と打撃投手を通じてわかる部分やコミュニケーションについても語った。

 この日、仁志敏久氏のファーム監督就任が発表されたが、三浦監督は「仁志さんもファームの選手をじっくり見たいと。自分の見た感想とか、軽くですけどね、電話でやりとりさせてもらいました」と明かし、「ファームの監督なので総合的にですね。野手ももちろんそうだが、若い選手の育成というところと、入れ替えとか、現状、調子のいい選手とか、その辺をしっかり連携をとってやっていきたいと思います」と話した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM