ニュース

生まれ変わる西武の本拠地…“42年モノ”入場ゲートも取り壊しに着手

無断転載禁止
解体されたメットライフドーム三塁側のゲート(写真=球団提供)

来季からは一三塁共通の入場ゲートに


 2017年11月に発表され、着々と進められてきた「西武ライオンズ40周年記念事業 メットライフドームエリア改修計画」に伴う工事も佳境を迎えつつある。

 この3年間でメットライフドーム内や周辺の姿は大きく様変わりしたが、2021年3月のグランドオープンに向けた工事は今オフも継続中だ。これまで、メットライフドームの玄関口として多くのファンを迎え入れてきたバックスクリーン裏手にある一三塁の入場ゲート解体が16日からスタート。すでに三塁側の入場ゲートは解体され、一塁側も明日20日には姿を消す予定となっている。

 1979年の開場以来、姿を変えずにファンを迎え入れてきた“年代モノ”のゲートだったが、来春からはより西武球場前駅寄りに入場ゲートが設置され、一ヶ所に集約される。近年、ホーム側の三塁側に様々な施設が誕生してきたが、一塁側に入場した観客もよりアクセスしやすくなるだろう。一塁側と三塁側の境界線がなくなることで、入場者による往来もより活発になりそうだ。

 “42年モノ”のゲートが歴史に幕を下ろした一方で、新しいボールパークを象徴するような新ゲートの誕生を、楽しみに待ちたいと思う。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西