ニュース

早大の新キャプテンに広陵出身の丸山 楽天ドラ1・早川から引き継ぐ

無断転載禁止
早大・丸山壮史内野手

副主将はプロ注目捕手の岩本


 東京六大学野球の早大野球部は21日、2021年度の新幹部を発表し、丸山壮史内野手(3年/広陵)が来年度の主将に決定した。

 丸山は広陵高時代、2017年夏の甲子園で中村奨成(現広島)らとともに準優勝を経験。早大進学後は1年春からリーグ戦に出場し、今秋はリーグトップタイの10打点を記録しチームの劇的優勝に貢献した。

 今年度の主将で、秋のドラフトで楽天から1位指名された早川隆久投手(4年/木更津総合)から引き継ぐ形。副主将はプロ注目の岩本久重捕手(3年/大阪桐蔭)、主務は鈴木隆太マネジャー(3年/早稲田佐賀)が務める。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西