ニュース

2年連続防御率最下位のヤクルト 尾花高夫氏、伊藤智仁氏のコーチ就任を発表

無断転載禁止
2020年は楽天の投手チーフコーチを務めた伊藤智仁氏

指導経験豊富な両氏、投手整備に期待


 ヤクルトは25日、尾花高夫氏(63)が二軍投手チーフコーチ、伊藤智仁氏(50)が一軍投手コーチに就任すると発表した。

 尾花氏は現役時代、ヤクルト一筋14年間で112勝135敗、防御率3.82をマーク。引退後はロッテ、ヤクルト、ソフトバンク、巨人で投手コーチを歴任し、2010年からの2シーズンは横浜(現DeNA)で監督を務めた。

 伊藤氏は1992年のドラフト1位でヤクルトに入団。故障離脱がありながらも1年目の前半戦に強烈なインパクトを残し、7勝2敗、防御率0.91の成績で新人王に輝いた。引退後はヤクルトで投手コーチを務め、2018年はBCリーグ・富山で監督を経験。2019年から今季までは楽天で一軍投手チーフコーチを務めていた。

 ヤクルトは2019年から2年連続セ・リーグ最下位で、チーム防御率は2019年4.78、2020年4.61と2年連続で12球団ワースト。指導経験豊富な両投手コーチの手腕に期待が膨らむ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西