ニュース

巨人・畠が2回途中KO 野村弘樹氏「ボールは悪くないんですけど…」

無断転載禁止
巨人の畠世周 (C) Kyodo News
2020.11.25 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 読売ジャイアンツ
PayPayドーム
SMBC日本シリーズ2020・第4戦
○ ソフトバンク 4 - 1 巨人 ●
<11月25日・PayPayドーム>

 巨人の畠世周が、ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦に先発したが、1回2/3を投げて4安打、4失点で降板となった。

 巨人は初回に坂本勇人の適時二塁打で幸先よく先制したが、その裏先発の畠が柳田悠岐に逆転の2ランを浴びる。2回は二死一塁から9番の甲斐拓也にレフトへ第2号2ランを打たれたところで降板となった。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク-巨人 日本シリーズ第4戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、畠の投球について「正直言って一生懸命投げるのは伝わるんですけど、向かって行く形であったり、勝負している姿は弱々しく感じました」とバッサリ。

 「一生懸命そこに向かって投げているだけで、自分の投球をしようとしているだけで、勝負にいっていないんですよ。“このボールは甘くいっちゃいけない”、“絶対に打たれてはいけない”というボールが何球あったかですよね。それが原監督に見えた部分があったかもしれないですね。ボールは悪くないんですけど、弱々しさを感じました」と畠の“姿勢”を厳しく指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM