ニュース

“短期決戦男”中村晃「ヒットの本数より、どこで打つかが大事」

無断転載禁止
2020.11.25 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 読売ジャイアンツ
PayPayドーム

愛弟子も大活躍!


 ソフトバンクは25日、PayPayドームで行われた日本シリーズ第4戦に4-1で勝利し、4年連続11度目の日本シリーズ制覇を達成。日本シリーズは広島に勝利した2018年の第3戦から12連勝となり、2年連続4戦4勝での日本一は史上初の快挙となった。

 セレモニー終了後、ソフトバンクの選手会長であり、今シリーズでは全試合で安打を記録、優秀選手賞を受賞した中村晃選手が、工藤公康監督、今シリーズのMVP・栗原栗原陵矢選手と共に共同記者会見に出席。「本当に最高の気分。終わってホッとしています」と率直な思いを語った。

 第3戦では投手戦の中で貴重な先制弾を含む2安打3打点の活躍を見せるなど、日本シリーズでは通算4本塁打。クライマックスでも本塁打を量産するなど、短期決戦で無類の勝負強さを発揮する中村晃は、本塁打の多さを指摘されると、「もうちょっとシーズン中に打ちたいなと思います」と笑みを見せつつ、「ヒットの本数より、どこで打つかが大事になってくる。勝ちにつながる1本を打てればいいと思っている」と続けた。

 自身の優秀選手については、「活躍した選手はたくさんいましたし、その中で選ばれたのはうれしい」と述べ、自主トレも一緒に頑張ってきた栗原のMVP受賞については、「1年間頑張ったご褒美が最後にきた。一緒に試合に出てプレーできたことがすごく嬉しい」と、愛弟子の活躍を心から喜んでいた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西