ニュース

熱戦続く都市対抗、8強進出の7チームが決定! 四国銀行は初のベスト8

無断転載禁止
東京ドーム

30日の第2試合から準々決勝


 東京ドームで連日熱戦が繰り広げられている『第91回都市対抗野球大会』。大会8日目の29日は、日本新薬(京都市)、ホンダ熊本(大津町)、四国銀行(高知市)の3チームが2回戦を突破し準々決勝進出を果たした。


 2回戦はあすの第1試合(ヤマハ-NTT東日本)で終わり、ベスト8が決定。第2試合からは4強進出をかけた準々決勝が行われる。

 8日目の試合結果と9日目以降の試合予定は以下の通り。


▼ 第1試合
日本新薬 5 - 2 三菱重工広島
広島市|100 000 100|2
京都市|000 014 00X|5

 京都市・日本新薬が一発攻勢で逆転勝ち。先制を許すも、4回に6番・正木健太郎(27=創価大)が同点ソロを放ち、5回に1番・舩曳海(22=法政大)の勝ち越しソロ、4番・福永裕基(24=専修大)の3ランで突き放した。今季限りで活動休止となる広島市・三菱重工広島は反撃及ばず2回戦敗退となった。


▼ 第2試合
ホンダ熊本 4 - 1 JR東日本
東京都|001 000 000|1
大津町|000 130 00X|4

 前日の狭山市・ホンダに続いて“ホンダ勢”の大津町・ホンダ熊本が準々決勝進出を決めた。阪神からドラフト2位指名を受けた東京都・JR東日本の伊藤将司(24=国際武道大)は7回途中から1回2/3を1安打無失点と好投したが、打線の奮起なく2回戦敗退となった。


▼ 第3試合
パナソニック 1 - 2 四国銀行
高知市|000 200 000|2
門真市|000 000 010|1

 高知市・四国銀行が初の準々決勝進出。1回戦を130球で完封した菊池大樹(27=龍谷大)が中2日で4回無失点と好投し、補強選手の2番手・山本凌(24=JR四国・福井工大)も5回1失点の好救援。5年連続54度目の出場だった門真市・パナソニックは投手陣が奮投するもあと1本が出ず、2年連続の8強進出とはならなかった。


大会9日目・11月30日の試合予定


▼ 第1試合[2回戦]
ヤマハ(浜松市)
 vs
NTT東日本(東京都)

▼ 第2試合[準々決勝]
セガサミー(東京都)
 vs
NTT西日本(大阪市)

▼ 第3試合[準々決勝]
ホンダ(狭山市)
 vs
西部ガス(福岡市)


大会10日目・12月1日の試合予定


▼ 第1試合[準々決勝]
日本新薬(京都市)
 vs
ホンダ熊本(大津町)

▼ 第2試合[準々決勝]
四国銀行(高知市)
 vs
ヤマハ・NTT東日本の勝者


大会11日目・12月2日の試合予定


▼ 第1試合[準決勝]
14時00分開始

▼ 第2試合[準決勝]
18時00分開始


大会12日目・12月3日の試合予定


▼ 決勝戦
18時00分開始
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西