ニュース 2020.12.01. 14:38

阪神が5選手の背番号変更を発表 『2』は北條から梅野へ

無断転載禁止
阪神・梅野隆太郎

岩崎は『13』に変更


 阪神は1日、梅野隆太郎選手ら5人の背番号変更を発表。2014年のルーキーイヤーから『44』を背負ってきた梅野は2021年シーズンから『2』に変更。今季まで『2』を背負っていた北條史也は『26』、岩崎優が『13』、尾仲祐哉が『40』、長坂拳弥が『57』を来季から着用することになった。

 阪神の背番号2といえば、城島健司氏が2010年から3年間背負った“捕手”を象徴する番号。来年6月に30歳の誕生日を迎える虎の正捕手・梅野にとっては人生の節目で心機一転、さらなる期待と責任を背に8年目のシーズンを戦うことになりそうだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 また今季41試合に登板して防御率1.82と奮投したセットアッパー・岩崎も2014年の入団時から着用してきた67番に別れを告げる。新たに背負う13番は葛西稔や榎田大樹(現西武)ら、ここ30年投手が背負ってきた番号。前任者の岡本洋介が2019年限りで現役引退し、今季は空き番号となっていた。


▼ 梅野隆太郎/捕手
『44』⇒『2』

▼ 岩崎優/投手
『67』⇒『13』

▼ 北條史也/内野手
『2』⇒『26』

▼ 尾仲祐哉/投手
『27』⇒『40』

▼ 長坂拳弥/捕手
『39』⇒『57』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西