ニュース

ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2021がオンラインで開催!

無断転載禁止
ニッポン放送のプロ野球中継「ニッポン放送ショウアップナイター」のイベント「ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2021」がSHOWROOMでのオンラインで開催された。同イベントでは、読売ジャイアンツの原監督のスペシャルインタビューや坂本勇人選手や菅野智之投手、岡本和真選手のメッセージが紹介されたほか、来年55周年を迎える「ショウアップナイター」の目玉企画として読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースの主砲として活躍した背番号55番、松井秀喜氏が「ニッポン放送ショウアップナイター 55周年 特別広報大使」に就任することが発表された。

今年の「ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2021」は新型コロナウイルス感染拡大を避けるためにSHOWROOMでのオンライン開催となった。
同イベントは、ショウアップナイター解説者の里崎智也氏と煙山光紀アナウンサーの2人で進行。無観客となった6月19日の開幕戦から読売ジャイアンツのセ・リーグ制覇や日本シリーズを振り返ったあと、原辰徳監督のスペシャルインタビューの模様が流された。日本シリーズ前に収録されたこのスペシャルインタビューで原監督は、「開幕が延期になり、目標や先が見えない中、6月19日に開幕が決まるとその日に良いコンディションでグラウンドに立ってくれた選手には感謝している」と話すとともに、7月10日から観客が入ったときのことに触れ「一番最初にファンが入ったときのグラウンドというのは本当に嬉しかった。スタンドのお客さんを見た時、〝これがプロ野球だ″と嬉しさと感謝の気持ちだった」と感慨深げに語った。

インタビューは今年活躍をした若手選手の話から指導者の育成論まで多岐にわたったが、指導者の育成については、「正しい技術、正しい野球、正しい心は経験の中から伝えていかないといけない。そのためには選手よりもコーチを叱る。その際、選手にはわからないところで叱る。コーチは監督よりも 知識を多く持って欲しい」とその秘訣を語った。続いて、坂本勇人選手、菅野智之投手、岡本和真選手のメッセージも紹介され、イベントに華を添えた。

また、同イベントでは来年55周年を迎える「ニッポン放送ショウアップナイター」について、読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースの主砲として活躍した背番号55番、松井秀喜氏が「ニッポン放送ショウアップナイター 55周年 特別広報大使」に就任することが発表された。松井秀喜氏はシーズンを通じて、番組出演や記念ビジュアルなどさまざまな活動で 「ニッポン放送ショウアップナイター」を盛り上げていく 。

また、ショウアップナイターのシーズンキャッチコピーが『55!!(GOGO!!)みんなのプロ野球』であることが発表され、来シーズン終了までリスナー参加企画など55周年にちなみ、「55のプロジェクト」を実施することも発表。プロジェクトの一つとして「55周年記念ロゴ」のリスナー投票が実施されることも発表された。4つの候補作への投票は、本日からスタートしており、決定ロゴは来年1月1日に発表される予定。ぜひ、来年55周年を迎えるニッポン放送のプロ野球中継「ニッポン放送ショウアップナイター」にご期待いただきたい。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM