ニュース 2020.12.10. 19:17

西武・佐藤龍世の処分が年末で解除に「反省の気持ちを忘れることなく」

無断転載禁止
西武・佐藤龍世

4月に首都高・山手トンネル内で大幅な速度超過


 西武は10日、8月20日(木)から科していた「無期限の対外試合出場禁止及びユニフォーム着用禁止」の処分を、今年12月31日(木)をもって解除することを発表した。

 佐藤は今年4月、外出禁止期間中にゴルフをするため外出し、首都高速道路中央環状線山手トンネル内を法定の最高速度を大幅に超過する速度で走行したことから8月に起訴され、10月には「懲役3カ月、執行猶予2年」の判決を受けていた。なお、車の運転に関しては引き続き禁止としている。

 西武は今年はドラフトで同ポジションの渡部健人選手を1位指名しており、同じ右打者でもある佐藤にとって来季は、まさに正念場のシーズンとなりそうだ。佐藤は今回の発表を受け、球団を通じて以下のようにコメントしている。
 
▼ 佐藤龍世コメント
このような違反行為を起こしてしまいましたこと、あらためて大変申し訳ございません。
応援していただいているファンの皆さま、チーム関係者の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、日々感じております。
今年いっぱいで、処分は解除していただくことになりましたが、反省の気持ちを忘れることなく、一日一日、前に進んでまいりたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西