ニュース

ファームで打撃2冠の鷹・リチャードが表彰 「井上くん意識してた」

無断転載禁止
ソフトバンクのリチャード

「来シーズンは一軍でホームラン」


 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2020 supported by リポビタンD」が17日、都内で開催され、第一部としてファーム表彰式が行われた。

 ウエスタン・リーグではソフトバンクのリチャード選手(21)が本塁打・打点の打撃2冠を達成。今季は3月に支配下昇格を果たし、一軍デビューとはならなかったものの、ファームでは72試合に出場して打率.229、12本塁打、47打点を記録。打点王と本塁打王に加え、優秀選手賞、技能賞も受賞した。

 リチャードは「前半は試合に出ることで精一杯だったんですけど、後半は“ホームランと打点を意識して”とコーチから言われて、自分自身も意識した」と語り、オンライン収録で行われた優秀選手賞同士のクロストークのコーナーでは、「タイガースの井上(広大)くんを意識して負けないように頑張ってた」とタイトルを争っていた高卒ルーキーの名前を挙げ、互いの存在を刺激にシーズンを戦い抜いていたことを明かした。

 今後対戦したい投手には「オリックスの山本(由伸)さん」と球界トップクラスの右腕の名前を挙げた鷹の大砲候補。支配下2年目となる来季は「一軍でホームランを打ちたい」と意気込んだ。

 発表されたウエスタン・リーグの各タイトルと表彰は以下の通り。


【ウエスタン・リーグの各タイトル】

▼ 最優秀防御率投手賞
2.53 大竹耕太郎(ソフトバンク/3年目)

▼ 最多勝利投手賞
6勝 大竹耕太郎(ソフトバンク/3年目)
6勝 宮城大弥(オリックス/1年目)

▼ 最多セーブ投手賞
12セーブ 田中法彦(広島/2年目)

▼ 勝率第一位投手賞
.667 大竹耕太郎(ソフトバンク/3年目)
.667 横山雄哉(阪神/6年目)

▼ 首位打者賞
.323 三森大貴(ソフトバンク/4年目)

▼ 最多本塁打者賞
12本 リチャード(ソフトバンク/3年目)

▼ 最多打点者賞
47点 リチャード(ソフトバンク/3年目)

▼ 最多盗塁者賞
20個 佐藤直樹(ソフトバンク/1年目)

▼ 最高出塁率者賞
.397 三森大貴(ソフトバンク/4年目)



【ウエスタン・リーグの表彰】

▼ 優秀選手賞
・リチャード(ソフトバンク/3年目)
・宮城大弥(オリックス/1年目)
・井上広大(阪神/1年目)
・岡林勇希(中日/1年目)
・羽月隆太郎(広島/2年目)

▼ 優秀投手賞[サンケイスポーツ選定]
・大竹耕太郎(ソフトバンク/3年目)

▼ 新人賞[スポーツニッポン選定]
・井上広大(阪神/1年目)

▼ 技能賞[デイリースポーツ選定]
・リチャード(ソフトバンク/3年目)

▼ 努力賞[日刊スポーツ選定]
・井上広大(阪神/1年目)

▼ 殊勲賞[報知新聞社選定]
・宮城大弥(ソフトバンク/1年目)

▼ ビッグホープ賞[ベースボール・マガジン社選定]
・宮城大弥(ソフトバンク/1年目)

▼ 期待賞[在阪テレビ局選定]
・宮城大弥(ソフトバンク/1年目)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西