ニュース 2020.12.18. 15:31

巨人・田中俊太がFAの人的補償でDeNAへ!三浦監督「走攻守のバランスがとれた選手」

無断転載禁止
巨人からDeNAに移籍となった田中俊太(C)Kyodo News

若手に期待も未知数の内野強化へ


 巨人とDeNAは18日、フリーエージェント権を行使して巨人と契約した梶谷隆幸選手(32)の移籍に対する補償として、巨人の田中俊太選手(27)がDeNAに移籍することを発表した。なお、背番号は未定となっている。

 今回の移籍を受け、田中俊は球団を通じて「ジャイアンツの関係者の皆さま、ファンの皆さま、3年間ありがとうございました。東京ドームの大歓声の中でプレーをし、優勝できたことを選手として誇りに思っています。プロ野球選手として育ててもらったジャイアンツでの経験は、私にとってかけがえのない財産です。ジャイアンツで学んだことを生かして、新天地の横浜DeNAベイスターズでも勝利に貢献できるよう、精いっぱい頑張ります」とコメント。巨人への感謝を口にしつつ、地元・神奈川でのリスタートに向けて決意を新たにした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 また、新天地となるDeNAの三浦大輔監督は「走攻守バランスがとれた選手だと思います」と田中を評価し、「地元神奈川出身ということもあり、横浜DeNAベイスターズの力になってくれることを期待しています。共に優勝を目指して戦おう!」とエールを送った。

 日立製作所から2017年のドラフト5位で巨人入りした田中俊は、ルーキーイヤーの18年から99試合に出場して打率.241、2本塁打、12打点、6盗塁を記録。今季は48試合の出場にとどまったが、複数ポジションを守れるユーティリティー性やパンチ力のある打撃が魅力であり、二遊間を固定しきれていないDeNAにとっては、新監督の元でスタートをきる来季に向けて貴重な戦力となりそうだ。

▼ 田中俊太の年度別主要成績
2018年:99試合 打率.241(228-55)2本 12打点 6盗塁
2019年:62試合 打率.224(156-35)4本 14打点 2盗塁
2020年:48試合 打率.265( 68-18)1本 6打点 2盗塁
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西