ニュース 2020.12.21. 15:44

鷹・松田は現状維持4.5億円 来季38歳レベルアップ誓う「最多安打獲れるくらい」

無断転載禁止
ソフトバンク・松田宣浩 (C)Kyodo News

チームの課題“ポスト熱男”も語る


 ソフトバンクの松田宣浩選手(37)は21日、契約更改交渉に臨み、現状維持の4億5000万円プラス出来高払いでサインした。松田は来季が2年契約の2年目。プロ16年目を迎える大ベテランは2021年シーズンの巻き返しを誓った。(※金額は推定)

 120試合の短縮シーズンとなった今季は、116試合に出場して打率.228(395-90)、13本塁打、46打点の成績。レギュラー定着後としてはキャリアワーストの打率に沈み、「個人的には数字的に満足もしてませんし、反省すべき点が多い」とシーズンを振り返った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 それでもチームを引っ張るムードメーカーとして日本シリーズ4連覇に貢献したことを球団も評価。交渉の席では“熱男”の後継者問題が議題に上がったようで、松田本人から「チームの先頭に立って引っ張ってくれる選手を早く見つけないと」と、“ポスト熱男”をチームの課題として提示したことを明かした。

 来季へ向けては「まだまだ元気。明るく元気に楽しく野球をするということを第一に置いて、個人的には『最多安打』を獲れるくらい。ヒットの延長がホームランだと思っているので、とにかくヒットをたくさん打てる技術を身に着けて、しっかり準備をして、良い2021年にしたい」とキャリアハイを目指す意欲を示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西