ニュース

阪神・岩田が新型コロナ陽性 基礎疾患抱えるベテラン左腕

球団内での濃厚接触者なし


 阪神は6日、岩田稔投手(37)と球団職員1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 5日に受検した核酸増幅法で陽性判定を受け、6日に西宮市内で再度検査を受けたところ「陽性」の確定診断。現時点で球団職員は無症状だが、岩田が鼻詰まりの症状を訴えているとのこと。ともに自宅隔離中で、球団内で濃厚接触者の判定を受けた関係者はいないという。

 岩田は大阪桐蔭高から関西大を経て2005年のドラフト希望枠で阪神に入団した左腕。新型コロナウイルス感染症では基礎疾患が重症化のリスクの一つとして指摘されているが、岩田は高校2年時に1型糖尿病を発症。基礎疾患を抱えているだけに、今後の容体が心配される。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西