ニュース

日本プロ野球選手会が引退選手のセカンドキャリアを支援 『ネットの大学 managara』と協定締結

無断転載禁止
一般社団法人日本プロ野球選手会の松田宣浩理事長(左)と『ネットの大学 managara』の星野三喜夫学長(右)

特待生制度がスタート


 一般社団法人日本プロ野球選手会と、新潟産業大学の経済学部 経済経営学科 通信教課程である「ネットの大学managara(マナガラ)」は13日、「プロ野球選手のセカンドキャリアに係る特待生制度」に関する協定を締結したことを発表した。

 プロ野球界では毎年多数の選手が誕生する一方で引退する選手も多く、セカンドキャリアにおける支援が課題となっており、本選手会の「プロ野球選手のセカンドキャリア形成支援のさらなる強化」と、『ネットの大学 managara』の「テクノロジーを活用した、学ぶ側の事情に即した学びの環境の提供」という想いが合致し、今回の協定締結に至ったとのこと。

 この協定は、育成選手を含む元プロ野球選手を対象として年間授業料の免除によって学業を奨励する制度で、合格枠は2名、プロ野球選手会の推薦者であれば受験することが可能となっている。『ネットの大学 managara』は、講義をはじめとする大学生活のすべてをネット上で完結することができ、好きな時に好きな場所で、スキマ時間に講義を受講できる“ネットの大学”で、無理なく大学卒業・学士号取得を目指すことが可能となっている。

 プロ野球選手会の理事長を務める松田宣浩選手(ソフトバンク)は「人生100年時代という言葉をよく耳にする中で、プロ野球選手も引退後の長い人生を考えると、選手経験で鍛えられた能力を社会で生かすためにも学びは必要です。今回、新潟産業大学とこのような仕組みを作れたことは、引退後の選手の選択の幅が増えるという意味で、本当に喜ばしく思います。制度を活かすよう選手に呼び掛けていきたいです」とコメントしている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西