ニュース

ソフトバンクが宮崎春季キャンプの無観客実施を発表

有観客は状況改善後に検討


 ソフトバンクは15日、宮崎県からの要請を受け、2月1日から同県内で実施する春季キャンプを無観客で実施していくことを確認した。

 宮崎県内でのキャンプについては、政府の緊急事態宣⾔と宮崎県の緊急事態宣⾔の双⽅が解除されるまでの間、無観客で実施し、有観客実施への移⾏は、国の「緊急事態宣⾔」、宮崎県独⾃の「緊急事態宣⾔」および、「感染急増圏域」(⾚圏域)のすべてが解除され、状況が改善した場合に、宮崎県及び受け⼊れ⾃治体と相談した上で検討するとのこと。

 また、キャンプに参加する監督・コーチ・選⼿および全スタッフはPCR検査を受検し、陰性を確認した上で宮崎へ移動し、期間中は「不要不急の外出⾃粛」など、宮崎県・宮崎市からの⾏動要請を遵守したキャンプ実施することも併せて発表している。

 なお、無観客運営に伴う観覧チケットの払い戻し等については、詳細決定次第、球団の公式サイトにて発表される。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西