ニュース

大谷、エンゼルスと合意に至らず年俸調停へ…希望額は3億4300万円と米報道

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平

メジャー3年目を終え年俸調停権を取得


 MLBは15日(日本時間16日)、年俸調停の権利を保有する選手と所属球団が希望額を提出する期限を迎えた。大リーグ公式サイトは今オフ、初めて年俸調停の権利を獲得したエンゼルスの大谷翔平(26)が、球団が合意を発表した選手に含まれていなかったと報じた。

 年俸調停の権利は出場登録が3年以上6年未満の選手に与えられ、大谷は昨季メジャー3年目のシーズンを終え同権利を取得。1年目の2018年は54万5000ドル(約5700万円)、2年目の2019年は65万ドル(約6800万円)、3年目の昨季は70万ドル(約7300万ドル、コロナ禍の試合数減に比例し約2700万に減額)と、これまでは球団主導の契約内容だった。

 同サイトでは事前に、大谷の今季年俸が300万ドル(約3億1200万円)になると予想。実際には球団の250万ドル(約2億6000万円)の提示に対し、大谷側は330万ドル(約3億4300万円)を希望したとされる。

 年俸調停は2月に行われる予定。その前に両者が歩み寄り、年俸調停を迎える前に契約が結ばれる可能性もある。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西